治療

鍼は痛みが少しでる。技術によってカバーを

鍼は痛いのか。

痛い針と痛くない鍼があります。

刺す鍼は痛い、刺さない鍼は痛くないです。

 

 

痛みだけでなく、体の感覚は受容体というセンサーが働くことで、感覚が発生します。

皮膚には

温・痛・冷・圧などを感じるセンサーがあります。

 

皮膚の近くに煙草をもってくると、「あたたかーい」と感じますが、圧迫される感覚は出ません。

これは、温度を感じるセンサーが反応しているからです。

 

皮膚の下には痛みを感じるセンサーがあります。

皮膚を貫かなければ、痛くないです。

貫けば、痛みを感じるセンサーは反応します。

 

この時に、細い鍼であれば、センサーの間を通りにくけることもあります。

ですが、それでは運任せになってしまいます。

痛みをできるだけ少なくする「技術」があります。

 

 

 

 

圧迫しながら鍼を打つのです。

そうすることです、痛覚を感じるセンサーは反応しているのですが、痛みを感じにくくなります。

より早く確実な治療を行うための、治療の技術です。

 

細い針よりも、太い針のほうが体への変化は起こりやすいです。

 

 

 

痛くない鍼を希望される方もいることは重々承知しておりますが、

早く不調を改善するためには少し強い刺激を必要とします。

 

※早く不調を改善するメリットに関してはまた改めて書きます。

 

 

 

-治療

PAGE TOP

© 2021 東京都品川区大井の鍼灸院/治療とトレーニングで体の悩みを改善 Powered by AFFINGER5