プロフィール

もっと詳しく

【名前】安藤和生(カズキ)

【出身】東京都品川区

【スポーツ歴】サッカー

経歴

1986年東京都生まれ。2児の父。

  • 2004年 国立東京工業大学附属工業高等学校卒業
  • 2009年 帝京平成大学ヒューマンケア学部卒業(はり・きゅう免許取得)
  • 2009年 東明堂石原鍼灸院入社(学生時からの研修先)→2011年退職
  • 2012年 株式会社青藍・あい鍼灸整骨院入社→2015年退職
  • 2015年 安樂堂鍼灸院として独立、訪問施術を中心に活動
  • 2020年 安樂堂鍼灸院・トレーニングラボを開設

 

資格

  • 2009年 はり師・きゅう師取得、ホームヘルパー2級取得
  • 2014年 介護予防運動指導員取得
  • 2016年 NESTA-PFT,BESJ-mat pilates, MBSC-CFSC 取得
  • 2017年 SOM-CMC取得,清水忍主催 清水塾アドバンス卒業
  • 2018年 アニマルフローレベル1取得
  • 2019年 バルシューレC級、NSCA-CSCS取得
  • 2020年 DNS公認アドバイザー就任
  • 2021年 走りの学校普及員、栄養コンシュルジュ2つ星取得

 

治療家・トレーナーを目指すことになったきっかけ

小さいころから運動が好きでした。

高校の部活中に捻挫をして、トレーナーさんにケアをしていただいたのがきっかけで、治療の道に進みました。ので一番最初は『スポーツトレーナー』というものを目指して勉強をしていました。

鍼灸の在学中に、もっと勉強したいと感じ、学校外の勉強先を探しました。家の近くにあった治療院に電話をしました。そこは、治療技術・知識・人柄どれをとっても素晴らしい先生方が集まる治療院。日本全国から、何とか体調をよくしたいという患者さんが治療を求めて来ていました。

そんな治療院でありがたいことに研修・修行をさせていただくことになりました。いらっしゃる患者さんは、症状の重い方が多い。

そんな時に少し疑問が。「・・・あれ?運動をできるってなんて贅沢なんだ。自分で体を動かすことができるなら、自分でケアをすればいいんじゃないか?」っと。

『スポーツトレーナー』のための勉強をしていたんですが、少しだけ方向修正。体の悪い人の力になろう、と思う。

⇒ヘルパー・介護予防運動指導員の資格を取得

 

学校を卒業し、鍼灸の資格をとり整骨院に勤務。

(※修行先の鍼灸院は3年で卒業という独自ルールがあったため、3年間の修行期間を終え卒業)痛みは取れても、しばらくするとまた元の症状が出てきてしまう。そんな患者さんの治療を続けました。この時にも疑問が。「・・・あれ?治療をしてもどうして元に戻るんだ?」同時期に結婚・出産もあり「・・・あれ?けがをした時じゃないと僕は子供に何かしてあげられないのか?」っという事を解決するために、「!」「運動して体を鍛えることを勉強して、患者さんや子供に伝えよう!」と思いました。

⇒トレーニングの資格を取得(資格についてはブログなどに書きます)

再び少し方向修正をして、治療とトレーニングができるようになりました。

一般の患者さんの治療もします。日本代表選手などのトップアスリートの運動指導を行います。

患者さん・クライアントの体の進化をするためのサポートを全力でします。

 

menu

 

PAGE TOP

© 2021 東京都品川区大井の鍼灸院/治療とトレーニングで体の悩みを改善 Powered by AFFINGER5