鍼はいつからあるんですかあるんですか?

 

<鍼のルーツ>

最近NHKで東洋医学の特集がされ少し注目が集まっています。

 

鍼←医療のルーツについて。

中国4000年の歴史とはいうのですが、もっと前からありました。

 

一番最初手術(?)は、化膿したところに穴を空けていました。

何を使って空けてた化というと動物の骨や石を加工したものです。

穴をあけて、中の膿を出すとスッキリ!という事をしていました。

それが、西洋問わず医療のルーツです。

もちろん、

・手術でなく手で触ってのマッサージ

・食事、薬、薬膳など食事指導

などもありました。

ちなみに、

中国では未病を防ぐという観点から、薬膳・漢方の先生の方が

医術の先生よりも身分が上だったとかないとか・・・。

 

医療・鍼のルーツ=悪いものを取り出す

これが当院で行う「刺絡=シラク」という治療法に近いです。

 

良いものは残るという事で、

当院では多くの患者さんに採用しています。

※皮膚に穴をあけた後にカッピングで引っ張るのですが、何日かカップの跡が残ります。

跡を残したくない場合は、加減をしながらは行うのですが、効果はやや落ちると感じます。

 

 

 

 

 

 

-

PAGE TOP

© 2024 東京都品川区大井の鍼灸院/治療とトレーニングで体の悩みを改善 Powered by AFFINGER5